Recent entries
2016/04/11 (Mon) WINTER
2016/04/11 (Mon) HANMAR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE TREE WHICH GREW OLD


では、もうすっかり北は寒いので、一足早い
雪景色を。冬は寒くてヤッパリつらいけど、
冬の景色を撮るのは大好きです。

ちなみにこの写真はフィルムカメラで撮影、
ポジフィルム使用。

今週も又カラ-で一枚となると掟破りとは言えないので
毎週一枚だけ載せちゃおうかなと思ってます。

デジタル一眼との比較になれば。

スポンサーサイト

THE WORLD OF A MIRROR 


昔、アンセルアダムスの写真集を見ていた時、
物凄い写真だな、と思ったヤツがある。

一見なんでもない風景なんだけども、湖面が
まるで鏡のように、廻りの木々を映していて
キラキラしていた。

この風景に出会った時、思わずそれを思い出し、
胸が踊ってシャッタ-切りまくってしまいました。

アンセルには遠く及びもしないけどね。

LOVE IN VAIN


今度は又私の趣味である 音楽の話。
今年観た映画の中で かなりポイント高かった
映画で「lightnig in a bottle」というのが
あるのだけども、とにかく黒人音楽満載、
ブル-ス・ゴスペル・ソウル・R&B
たっぷりスクリ-ンで楽しんだ。

そのとき思ったのだけども、黒人音楽 特に
ブル-スには とにかく「駅」にまつわる歌詞
が多い。私は田舎の出身なので 良く分かるのだが、
駅にはとにかく 上手く言えないけど「寂寥感」が
凄くある。人々がたくさん行き交うからなのかな。


BARE TREES


風景写真を撮ることが自分のライフワ-クのように
なって暫らく経ちましたが、そんな中で最近
感じる事は(年を取ったのもあるかも)、

季節の移り変わりに他の人より敏感になった事。
おかげで、レンズを向けたい風景が変化し、
ただ目で見ているだけなのに感動の度合いが大きく
なっている自分にフト気がつく事があります。

これはそんな中 最近の一枚。
秋の終わりを凄くシャッタ-切りながら感じました。 

STEEL WHICH STOPPED 


さて、もう早くも3回目のアップとなりました。
しかも私のぺ-スだと11月最後のアップ。
来月はいよいよ12月です。
月日のたつのは早いモンです。
(チョイとオヤジ臭い?!)

さて、今週の一発目は私の二十代の得意技??
機械・鋼鉄モノで始まりました。
最近 又ハマってきているのですが、
何気にカメラをぶら下げ 思った物 
目に止まったものを 何気に撮る。

しかも絞り全開、ファインダ-も見ない。
あとは現像後のお楽しみ。
なんて事を昔良くやってました。

これはその中の一枚。しかも最近の撮影。
今の私的主義からは外れる気もするのですが、
凄く新鮮な気分に駆られ、撮ってみました。

これも一応「CONSTANT VIEW」かな。


SPIRIT OF A DEPARTED PERSON


今週も掟破りのカラ-写真を一枚。
今度はレンズが同じですがカメラが
違います。でもデジタル一眼ね。

こっちの方が色がオレは好みかな、
フィルムくさい感じがするね。

比較みたいな感じで載せてみました。

でも、最近木を撮影してると、絶対コイツ
オレの事見て、なんかしゃべってるよ!
と思う事が多いのですがチョットおかしいかな。
おそらく木々も感情を持ってこの地球で
生活しているのではと感じます。


THE CARPET OF GRASS


前出の続きみたいだけど、子供の頃、
天気の良い日に芝生に寝っころがると
非常に気分が良かったのをフト
思い出します。

この写真は 丁度そんな感じ。
こういう風景はいつまでも失いたく
ないね。

IMAGED SCENERY OF A HOMETOWN


私の生まれた所は 北海道でも本当に北側の
田舎町。これから冬にはマイナス30度を超える
極寒の地域です。でも、故郷の風景は本当に
キレイだった。子供の時は退屈で退屈で
早く出て行きたかったのに、年を撮ると
妙に素晴らしく感じてしまう。

そんな感じで、最近は故郷へ帰るたびに
凄く大事にシャッタ- 切ってます。

ちょっとオヤジ丸出しかな。


THE ARCH OF  A DREAM


こちらも京都での一枚。
しかし、こういうのは素材自体が
スゴイので、腕より素材が勝っちゃってる。
ある写真家が言ってたけど、
正に「写真は他力本願」だと凄く感じます。

でも 腕がもっと、もっと良かったら
素材も喜ぶのにネ~っ。自分の写真技術の
未熟さに悔しさがあるね。


PROFUSION OF FLOWERS


さて、一週間もアッという間に過ぎ、早くも
2回目のアップとなりました。
今週一発目は、古都 京都での一枚。
この時は一足早い桜が咲き乱れ、正にタイトル
通り「百花繚乱」いった感で、夢中でシャッタ-
を切っていたのを思い出します。
これもテ-マは変わらず「花達をモノクロ-ムで」
といった感じです。マ、こんなモンでしょ。



DIGITAL LANDSCAPE


オイオイ、白黒写真っていってんのに
いきなりカラ-かよ、って方もいられるかと
思いますが、これはオマケ。しかもデジタル
一眼で撮影。あんまりにもその時撮影に行った
場所で見たこの青空がとってもキレイで。
ついつい載せてしまいました。

しかし、最近のデジタルカメラは良く出来てる
ね~っ。フィルム使う人減ってるのも分かる気
するね。オレはまだフィルムが好きかな。

でも後々は使い分けたいね。

SEZANNE COMPOSITION


写真を撮る時に気になる事に「構図」という
のがあると思う。写真愛好家はみんなもの凄く
気にして撮ってると思うし、私も「写真は構図8割っ」
なんて妙に気合い入ってシャッタ-切ったりしてる。

実は、写真を始めた動機が、子供の頃 絵画を見る
のが大好きだったのだけども、私は絵を描くのは
物凄く下手で、諦めていた。で、そんな時、二冊の
写真集を見た。(20才位の時かな・・・)

一冊は 写真家 アンリ・カルティエ・ブレッソンの
写真集。「決定的瞬間」という言葉の産みの親でもある。
二冊目は 写真家 アンセル・アダムスの風景写真集。
特にブレッソンは元画家、アダムスの風景写真ときたら
まるで美しい水墨画の様なモノクロ写真だった。
てなわけで、それから長年私はフィルムで絵を
描いてる様な感じで毎度写真を楽しんでいます。

でもヤッパリ下手っぴだね。





SKY IS CRYING


私の好きな趣味の一つに音楽があるのだが、
20代にすごく好んで聴いていたものに
黒人音楽のブル-スと言うジャンルがある。
まあ、平たく言うとアメリカの黒人版演歌(??)
みたいな感じなのだが、この写真を撮った
時には写真のタイトルと同じ曲
「SKY IS CRYING」があたまン中で鳴り
まくってた。人間苦しい時って空を見上げる
もんだね。

THE FIRST GATE


誰でも最初に通る門ってのがあって、狭い門
だったり 物凄く楽に通れる門だったり、
様々な門が人生にはあるね。
苦しい門はあまり誰も潜りたくはないだろう
けど、潜り抜けた人はきっと強いんだろうね。

オレはまだまだだ弱いな~。

FLOWERS


初めまして!当方写真歴ン十年の30代オヤジです。
最近回りの写真愛好家の方々に刺激され、
念願のブログアップとなりました。
コンスタントに作品アップして行きたいと思います
ので、宜しくお願いします!!

さて、記念すべき第一発目は、もう9年位前に撮った
あるBARでの一枚。花もこうして撮ると以外と
モノクロでもイケてるなんて一人で勘違いしてます。

ちなみにこの写真、フィルムカメラで撮影、
フラッシュ未使用 手持ちで撮ってます。
どう撮ったか一目で解った方はかなりの
マニアックです!



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 constant view  ~白黒による風景写真, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。